千葉で人気の医療脱毛

クリニックと脱毛サロンの違い

医療レーザー脱毛と光脱毛の違い

医療レーザー脱毛と光脱毛を比較してみると、使用している光の種類に違いがあります。医療レーザー脱毛では、ダイオードレーザーやルビレーザーなどの種類があるものの、いずれにしてもレーザーを使用していることになります。レーザーは、毛が生える指令を出す組織を破壊することができるので、永久脱毛までの高い効果を発揮します。また、医療機関でのみ受けることができる施術でもあるので、医師の指導の下に取り扱われることになります。つまり、医師によって診察が行われてから脱毛をすることになり、肌トラブルが発生した時にもすぐに対処してもらったり、薬の処方せんを出してもらうこともできます。一方、光脱毛ではインテンスパルスライトやキセノンランプなどの光が使用されており、脱毛専門サロンやエステサロンなどで受けることができます。永久脱毛をすることはできませんが、ムダ毛が生えにくくなる効果があるので、除毛処理を楽にすることができます。

医療脱毛と光脱毛の痛みを比較

エステサロンや脱毛サロンで行われている光脱毛は、肌に優しい光が使用されているので痛みに関しては比較的安心して受けることができます。その一方で、医療レーザー脱毛となると高い脱毛効果があるものの、痛みの可能性が高まってきます。しかし、医療レーザー脱毛は美容クリニックなどの医療機関でのみ行われている脱毛でもあるので、薬を処方してもらうことができます。医師の診察で肌や毛の状態をチェックされてからの施術になるのですが、万全の体制を準備していても部位によっては痛みが発することもあります。そんな時には、麻酔クリームを塗ってもらうことで安心して受けることができます。麻酔は有料のサービスであるというのが一般的ですが、高額なものでもないのであればとても役立ちます。痛みが発してから処置してもらうこともできますが、最初から処置しておいてもらえれば医療レーザー脱毛であっても全く痛みなく完了まで迎えることができます。

医療脱毛に必要な回数

脱毛の効果はできるだけ長く続くほうが良いですが、永久脱毛の効果を期待するのであれば、エステサロンよりも医療脱毛を選ぶことがおすすめです。まず、エステサロンでは出力の弱い光が使われており、肌に優しいものの、永久的な効果ではありませんので、一度完成しても数年後には生えてくる可能性もあります。医療脱毛ではレーザーを利用するので、より強力な効果が期待できますが、一回で施術が終わるわけではありません。どれぐらいの回数通う必要があるかも知っておきたいですが、個人差はあるものの6回程度行えばかなり毛は薄く目立たなくなるとされています。そして、毛質や量には個人差がありますし、部位によって結果が出やすいところ、出にくいところもありますので、すべての人が同じ回数で終わるというものでもありますぇん。より詳しい回数はカウンセリングの時に教えてもらうことができますので、まずはカウンセリングで毛質、肌質をチェックしてもらいましょう。さらに選ぶ脱毛機によっても結果は変わってきます。

医療レーザー脱毛の種類と特徴

レーザーの種類

ダイオードレーザー

ダイオードレーザーは、最新の医療レーザー脱毛でもあります、いくつかの機械で採用されているため、ダイオードレーザーを取り扱うクリニックも多いことが特徴です。ダイオードレーザーは周波数を変えることで、医療レーザー脱毛だけでなくにきび治療などにも活用されているレーザーでもあります。メラニンに反応する周波数のレーザーを当てることで、直接的に毛根に働きかけます。メラニンにだけ反応するため、ダイオードレーザーは肌にはダメージを与えることがありません。そのため肌に優しいレーザーとしても人気が高くなっています。医療脱毛に使用されるダイオードレーザーの機器には、冷却するための機会が内蔵されていることが特徴です。これによりジェルを塗る手間も省けます。

アレキサンドライトレーザー

医療レーザー脱毛は、美容皮膚科クリニックなどの医療機関で受けることができますが、どのクリニックで受けても同じマシンが利用されることにはなりません。多くのクリニックで導入されているマシンとしては、アレキサンドライトレーザーがあります。日本人の肌のメラニン色素の量に合ったマシンでもあるので、安全で高い効果のある脱毛を受けたいという場合に適しています。また、照射面積が広いこともあって、全身脱毛に利用するにも短時間で済ませることができるというメリットも持っています。さらに、ジェルを塗る必要がないことも時間短縮につながります。他にも、消毒をされているとしても他の人のVIOライン脱毛でも利用されているとなれば不安ですが、アレキサンドライトレーザーでは器具が肌に触れないので安心です。

ロングパルスヤグレーザー

医療レーザー脱毛では、さまざまな種類のレーザーの光が利用されていますが、ロングパルスヤグレーザーは男性脱毛として活躍をしています。波長が長いという特徴があるので、男性のヒゲなど太くて根深い毛にも毛根周辺まで光を到達させることができます。女性であっても、脇毛やVライン脱毛として利用されています。ロングパルスヤグレーザーは、肌の色が濃い目の人にも人気があります。医療レーザー脱毛は、肌の色にも効果が左右されることになるので、肌色の濃い人になれば作用しすぎてやけどや痛みなどのトラブルがつきものです。しかし、ロングパルスヤグレーザーであれば、安全に脱毛することができるとともに高い効果を得ることができます。

ルビーレーザー

医療レーザー脱毛には様々な種類があり、肌の性質や、毛の濃さなど個人差によって有効なレーザーの種類が変わってきます。ルビーレーザーは肌の色素が薄い人には有効な光線ですが逆に濃い人にはやけどの危険性があります。また、ルビーレーザーはシミの解消に最も効果を現すレーザーです。脱毛にも効果を発揮しますが、ルビーレーザーを選択するかどうかは医師とよく相談してからにしましょう。そうしないと脱毛はできても肌にシミが大量にできてしまうなどということになりかねません。せっかく脱毛して事例な肌を手に入れようとしているのに、そうしたことが起こってしまっては本末転倒です。医療レーザー脱毛をするときは、よくよく検討を重ねてから治療を受けましょう。

脱毛機の種類

ジェントルレーズ

痛みが少なく、肌荒れなども起こしにくい脱毛機として、医師からも高く評価されているジェントルレーズは、アメリカ製の脱毛機で、日本の美容クリニックでも取り扱われている数が一番多く、安全性も確立されたマシンです。医療レーザー脱毛にありがちな強い痛みもほとんどなく、照射口に搭載された冷却装置により、レーザー照射の直前に冷却ガスが噴射されるので、肌を優しく守りながら、レーザー照射が受けられます。また、照射速度も早いので、スピーディに照射ができるので、施術にも時間がかかりません。産毛や白髪にはあまり効果がなく、肌の色が黒く日焼けしている方は、やけどの恐れもあるので使用できませんが、照射漏れがない脱毛機で、とても扱いやすいと評判です。

ライトシェアデュエット

医療レーザー脱毛のライトシェアデュエットは、他の機器よりも低出力のレーザーで脱毛治療をすることができることが特徴的であり、肌へのダメージを抑えた治療をすることができます。皮膚を吸引しながらレーザーを照射するため、肌の深部までの距離を吸引することによって短いものにしながら治療をすることができ、肌を冷却しなくてもよいくらいの出力で治療をすることができ、安全性が高い治療をすることができます。レーザーの波長は810nmであり、日本人の肌の色の治療に合ったものであるため、日本でも多く利用されている機器になっています。日焼けをした皮膚などのさまざまな色の肌に対応している機器になっていて、多くの人が治療を行いやすくなっています。

メディオスターNeXT

医療レーザー脱毛と言えば、毛根の先端にある毛乳頭を破壊して、2度と発毛しないような処理をするマシーンでした。そしてこの脱毛機が、日本国内で一番多く使われている医療レーザー脱毛機です。しかし、最近の研究で、発毛を促している毛の幹細胞は、毛根の上部のバジル領域に或る事が分かってきました。このバジル領域を破壊すると、毛は生えてこなくなるので、今まで使われていた脱毛機のように高出力でなくても脱毛が可能である事はわかりました。その理論で開発された医療レーザー脱毛機がメディオスターNeXTです。バジル領域は、いままで発毛の基本と考えていた毛乳頭より浅い位置にあるので、今までのレーザーより低出力で効果をあらわしますので、皮膚への負担が減り、痛みも少なく火傷のようなリスクも大幅に減っています。

ジェントルヤグ

ジェントルヤグ は日本でもまだ導入しているクリニックがほとんどない医療レーザーです。アメリカのシネロン・キャンデラ社の医療レーザー脱毛機でガスによる冷却システムを搭載した高出力のマシンです。皮膚深部のコラーゲンに作用して再生を促進し、小じわや赤ら顔を治療することができます。レーザーの設定項目が多いので脱毛にも利用できます。日本人の肌に最も適したレーザーと言われ、老化を抑制してくれますのでアンチエイジング対策にも用いられています。濃く太い毛にも対応していますので、今まであまり脱毛効果を感じなかった人にも結果を出せる脱毛が可能です。格段に波長が長く、毛細血管拡張症や老人性血種、ニキビ跡の赤みまで治療できます。

レーザーと脱毛機の種類のまとめ

美容クリニックで行われている医療レーザー脱毛では、アレキサンドライトレーザーが主流となっています。日本人の肌の色に合ったマシンでもあるので、痛みの可能性が低く高い効果を発揮することができます。けれども、日本人であっても小麦色の肌をしている人や日焼けをしている人もいるものです。このような場合には、ダイオードレーザーであれば効果的な脱毛を受けることができます。医療レーザー脱毛は、肌の色だけに左右されるものではありません。毛の状態によってもベストとなる脱毛器の種類が違うものであり、脇毛やVライン、男性のヒゲなどの太くて根深い毛質に対してはロングパルスヤグレーザーが向いています。波長が長いので、深い部分から生えている太い毛に対して大きな効果を得ることができます。また、女性に人気のルビーレーザーになると、シミやくすみに効果のある成分も光に含まれているので、フォトフェイシャルの施術を受けたかのような美肌効果を得ることができます。

医療脱毛の料金

クリニックと脱毛サロンの料金の違い

クリニックとエステサロンのどちらで脱毛しようかと悩んでいる方もあるでしょうが、単純に料金の安さだけで決めたい人には、エステがおすすめです。エステの場合は1回数百円で出来るわき脱毛が、クリニックの場合は数千円かかることもあるので、なぜここまで変わるのか、気になっている方もあるでしょうが、この違いは使用しているマシンの差にあります。どちらも毛根のメラニン色素に反応する光を照射し、毛母細胞にダメージを与える仕組みのマシンを使っていますが、エステの場合は最大でも20ジュール以下の出力しかないので、完全に破壊することまでは出来ません。それと比較するとクリニックの医療脱毛の場合は、医療資格を持つ者しか取り扱いを許されていない、60ジュールもの出力がある医療レーザーを使って脱毛するので、毛母細胞を完全に破壊できます。医療脱毛が完了すれば、その後はムダ毛が伸びて来なくなりますから、その分料金が高くなるのは仕方がないことです。威力が強い分、通う回数が少なくて済むので、短期間でスピーディーに済ませたい人には医療脱毛が向いています。

千葉の医療脱毛の料金の相場

医療脱毛は脱毛効果が高いため人気の脱毛方法です。しかし、気になるのが料金だと思います。料金の相場は部位によって異なってくるのが一般的です。全身なら1回あたりの相場は61500円、5回なら307500円ほどになります。全身に加えてVIOをつける場合には1回あたり75000円、5回なら375000円ほどになります。これに加えて顔もつけると1回あたり90000円、5回なら450000円ほどになります。また、VIOだけでも値段は異なってきます。これらの値段はあくまでも目安であり、もっと低めになっているところも多くあります。しかし、あまりに極端に低ければ脱毛効果を得られないなどのデメリットもあるため注意が必要です。医療脱毛を受けるところを選ぶ場合には、値段だけではなくクリニックの雰囲気や医師の説明が丁寧に行われているかなどもチェックしてから脱毛を始めることが大切です。また、体験キャンペーンなどを利用することも良いとされています。

安い医療脱毛探しのコツ

医療脱毛を受ける際に気になるのが費用の面でしょう。できるだけ安い医療脱毛探しのコツはインターネットを活用することです。自分の住んでいる地域や通いやすい地域で検索をかけて、それぞれの医療機関の費用を比較することで安く医療脱毛を受けられるところを見つけることができます。またさらにある程度、候補となる医療機関をピックアップしたら、ホームページでキャンペーンやモニター募集が行われていないのかをチェックしましょう。キャンペーンは脱毛を受ける人が少ない夏から秋にかけて集客を目的として期間限定で行われているようなところが多くなっていますので、特に急ぎでない場合は、そうしたキャンペーンを狙うとよいでしょう。またモニター募集は頻繁に行われていることが多いのですが、施術前後の写真などをホームページに掲載することなどいくつかの条件が設けられていることがほとんどですので事前に確認することが大切です。医療脱毛はサロンでの脱毛よりも高くなってしまいがちですが、このようにして探せば安く施術を受けることができるのです。

支払方法

医療脱毛の料金は決して安価なものではありませんので、できるだけ安く済ませる支払方法を考えたいものです。現金一括払いという方法は、現金で払うことができればこれが一番安く上がる方法です。その他に月払い制と言うものがあってこの方法も人気があり、まとまった金額を用意しなくてもできるというものです。クレジットカード決済もあり、一括払いやリボ払い等の方法があります。そして医療ローンという医療脱毛ならではの方法があります。これはクレジットカードは使わずに同じような支払い方法ができるというもので、クレジットカードに比べて金利が少し安いというものです。ローンとついている以上他のローンと一緒で審査があります。実家や勤め先等に確認のための電話が行くこともあります。近年この審査は厳しくなる傾向にあるようです。クリニックで金利ゼロキャンペーンをやっていたらそれを利用して、毎月利息がかからずに支払いをするというのも一つの支払方法です。

医療脱毛に必要な期間

部位ごとに異なる?

医療脱毛を行う場合、完了までにかかる期間は部位によって異なります。効果的な脱毛サイクルで施術を行うことで完了へ導く期間を短くする期待がもてます。基本的に、施術を行う毛周期は2ヶ月から3ヶ月となっていますが、脇やVIOなどなど、部位ごとに毛周期は異なります。施術を行いたい箇所が1箇所のみの場合には、その部位に合わせた毛周期で通うことをおすすめします。さまざまな部位の施術を行いたい場合には、2ヶ月を基準にして行うことが一般的です。2ヶ月に一度という施術は、部位や個人差の平均を考えた時のタイミングになります。施術を重ねると、毛周期のサイクル自体が長くなることもあるため、回数を重ねる度に通う期間を長くするのも良いでしょう。初回から2回までは2ヶ月おき、3回から4回は2ヶ月半おき、5回目から3ヶ月おきに施術を行うなど、自分にあったタイミングをみてもらいましょう。医療脱毛はクリニックなどで施術を受けることができます。

部位ごとの医療脱毛との相性

医療脱毛では、全身脱毛まで受けることができるのですが、部位によって適しているレーザー脱毛器の種類が違ってきます。美容クリニックによっては、一つだけのレーザー脱毛器しか所有していないということもありますが、複数のレーザー脱毛器を所有していて、その人に合わせて選んだり部位によっても使い分けをされていることもあります。一種類だけのレーザー脱毛器を所有しているという場合には、アレキサンドライトレーザーが選ばれていることが大半です。一般的な日本人の肌の色をしている人であれば、安全で高い効果を得ることができるレーザーの種類になります。ワンショットあたりの照射面積が広いこともあり、全身脱毛でも短時間で済ませることができます。また、ジェルを塗る必要がないので、施術前の準備時間がかかりません。一方、脇やVライン、男性のヒゲなどの部位に対しては、波長が長いヤグレーザーであれば太くて根深い毛に高い効果を発揮します。

部位別でクリニックに通う周期

医療脱毛の最大のメリットは、永久脱毛をすることが可能であることです。永久脱毛をするには、毛周期に合わせて数回にわたって施術を受けることが必要になりますが、通う周期は脱毛をする部位によって違いがあります。女性の腕や足、デコルテラインや背中の部位の体毛は薄いので、通う周期が少なくても永久脱毛をすることが可能になります。一般的には毛周期に合わせて6回程度の施術を受けると、体毛が薄い部位の永久脱毛は完了します。施術を受ける回数には個人差がありますが、毛周期が2ヶ月の場合だと概ね2ヶ月毎に6回程度の施術を受けることになります。ワキの毛やデリケートゾーン周辺のVIOの部位の毛は濃くて太いので、6回程度の施術では永久脱毛ができない場合があります。ただし、体毛の太さや濃さは個人差がありますので、6回程度の施術で永久脱毛ができる場合があります。体毛が太くて濃い場合は、10回程度の施術を受けることが必要になるケースがあります。